藤森愛、20代後半からの挑戦

最終更新: 2019年2月16日


11月13日、数枚の紙にまとめた資料を持って渋谷へ向かった。前回のプロジェクト「公開一発レコーディング」の時は一ヶ月以上かかったけれど、今回は数日でまとめることができた。散々やってるくせに自分の考えたことをお披露目するのは慣れないもので、早めに待ち合わせ場所へ行って何度も資料を読み返しながら、イマイチだねと言われる想定もしてメンタル強化。でも、根拠のない自信もあった。


私の頭の中ではもう勝手にプロジェクトが始まっていました。



挑戦するなら難しい方がいい。


四半世紀を作った後のことは正直何にも考えておらず、全てを置いてくるつもりで走り抜いた後は当然空っぽになりました。人生初めての燃え尽き症候群。


でも、これは藤森愛の音楽をまたゼロから作るチャンスだ!と思い、今までやったことのないアコギとベースとドラムの3ピースへの挑戦を決めました。ピアノやエレキなどの上物楽器がないから一切誤魔化しができない本当に難しい編成なんです。だからこそ、20代後半からの挑戦にふさわしい。こうなったらもう止まらない。


私の燃え尽き症候群は速攻で終了し、秋吉雅史さんとやまもとあきらくんに速攻連絡して、ありがたいことに速攻OKをもらいました(速攻すぎてびびった)。





そして、この挑戦を見届けてもらうために1ヶ月後の公開も決めて、覚えてもらえるようにプロジェクトに名前も付けました。意味は何となく分かるけど、存在しない造語がいい。それが「INSIDE RECORDING」でした。


キティ伊豆スタジオの代表、大平さんは新しいことにとても前向きな方で、Independent Artistの突拍子もない思いつきにも全面的に協力してくれます。打ち合わせは順調に進み、この日からプロジェクトが本格的に動き出しました。緊張で私の寿命は1ヶ月縮みました。




ここからまた新しいスタートです。音源のタイトルはもう決まってます。



インディペンデントアーティスト藤森愛のオフィシャルウェブサイト

​Independent Artist AiFujimori's Official Website

Copyright (c) 2017 fujimoriai. All Rights Reserved.